フリーダイヤル0120-73-3128

お電話でのご注文も大歓迎!!夜8:00まで受付中です。

FAXでのご注文はこちら

レジさっと 4,104円 ポケットイン 4,104 がま口(大) 4,104 がま口(中) 4,104

実際に素材を確かめたい方はこちら

  • 革とは思えないほど、軽くてやわらかく、手触りが絹のようです。さすがに京都の伝統工芸、京友禅染めで雅やかな色彩ですね。革もこんな感じに染められるんですね!
  • ふわふわした手触りで使い勝手がよく楽しくお買い物ができました。
  • 触った感じが、さらさらしていて柔らかい。持っていて気持ちがいい。あと和風の柄なのかなと思っていましたが、実物を手にしたらアジアンテイストな感じで私の好みでした。年齢をあまり選ばないのではないかなと思います。
  • 使って3ヶ月いい色になってきました。革って人の手が加わるとこんなに、かわるんですね。「日本の革ってすばらしい。」と思うのはやはり日本人かな。

京友禅染めシリーズ商品の一覧はこちら

江戸時代中期の初め、扇絵師の宮崎友禅斎(みやざきゆうぜんさい) によって始められたとされています。

この染めの最大の特徴は、全体を優美にくくる 極端に白い細い線です。
友禅糊で、まづ白に抜きたい絵柄を書き、その上に一色一色、色を乗せていき 地色を吹き付けます。そして最後に水洗いすることによって友禅のりで一番 はじめにかかれた部分のみが、水で洗い流されます。
流された部分が白く浮きでて 通常のプリントでは、表現仕切れない微妙な白い線が出てきます。 この技法が友禅染めです。

古くから京都ではこの技法を用い高価な 着物を作っていましたが、この技法を革に応用し革本来の風合いを生かし 友禅染めのすばらしい色彩感を最大限に表現したのが、この京都本革製友禅染めです。
又、染料には草木染料をモチーフに配色されていますので、自然の感触が 目でも堪能できます。

染料合わせ

一番はじめに置くのり(友禅のり)を調合します

こののりが、京友禅の特徴の白の糸目を付けます。
基本的なデータはあるんですが、湿度と気温によって配合が微妙にちがうので、最終的には職人のかんがたよりです。

その次に差し色、3〜4色をのりに解いていきます

これは、色を乗せやすくするためで先ほどの友禅のりとは別の作用があります。

弊社では草木染料をモチーフとした色目を用いていますのであくまでも色目は濃淡にこだわっています。

ゆっくりと、のりと染料の状態を見極めながら混ぜていきます

このとき微妙な濃淡の色加減を、わずかなデータと肉眼と勘で色加減を決めていきます。まさに職人技です。天候と湿度によって大きく左右されるばかりでなく、仕上がるまでその色加減がわからないため、正に真剣勝負です。

染色(手な染)

まず、糸のくくりを出す友禅のりを、型の上から置きますへらを使い革に塗り込みます。最後、水洗いするとその部分だけが白く浮き出ます(下左参照)

その次に染料を一色一色革に染色していきます。
型を革の上に置き、適度の染料が付いたへらを、一気に上から下へおろします。 このタイミングと、染料の料のバランスが腕の見せ所、スピードが遅すぎると線が太くなり、早すぎると線がやせます。この技が機械では表現しきれない商品の味となり、手捺染独特の風合いがかもしだされます。
作業中はまさに真剣勝負、黙々と作業が続きます。

1色1色を重ね、徐々に模様ができあがってきます。
一番はじめに置いた細い線がたくさんある型この部分が水洗いされると白く浮かび上がります。いわゆるこれが友禅染めです。
だいたい4枚から5枚、型を重ねて、柄を完成させます。

柄に描かれた部分が白くなります

乾燥

この後友禅の最大の特徴の白い細い線をだすため、水洗いをします。

水洗いしたことによって、糊の部分が流され白の色が浮かび上がります。

弊社で取り扱う、友禅染めはこの後、乾燥機で乾かすことは絶対にしません。なぜなら急に乾燥させた革は収縮率が大きくかわり、風合いや色合いを保証できません。
あくまでも自然乾燥にこだわっています。天候と仕上がり時期を見極め約1週間から2週間で完成します。

商品カテゴリー

お買い物に関するご案内

おすすめ特選商品

その他